高松城水攻め備中高松城址

高松城はかつては深い堀と沼沢地に囲まれた毛利氏の堅固な要塞でしたが、織田信長の命を受けた羽柴秀吉(豊臣秀吉)の水攻めにあい、城主の清水宗治は自刃を遂げました。本丸跡には宗治の首塚があり、現在は歴史公園として整備されています。周囲には水攻め堤防跡蛙ヶ鼻や太閤腰掛岩が残ります。また、公園内にある資料館ではさまざまな資料が展示されています。

高松城水攻め特集ページ