高松城水攻め清水宗治自刃の地(顕彰碑)

天正15(1537)年6月4日、秀吉の用意した小舟に乗り込み、舞を舞った後に辞世の句を詠み切腹をした清水宗治。

現在その自刃の地は高松城の東にある寺の一番奥にある。

高松城水攻め特集ページ