高松城水攻めごうやぶ

清水宗治の切腹前、宗治の兄・月清入道の馬の口取りだった与十郎と、宗治の草履取だった七郎次郎が「私たちもおともする」と二人で刺し違えたとされる場所。

高松城水攻め特集ページ