日本遺産鬼の釜

鬼ノ城近くにあり、温羅が生け贄をゆでた釜と伝えられている。実際には、鎌倉時代の僧重源が衆生施浴のため鋳造させたものとされている。