日本遺産備中国大吉備津宮略記

江戸時代後期に成立した吉備津神社の由来が記されている文書で、「温羅」の名が登場するとともに、温羅は後に吉備津彦命の家臣となったと記されている。