クチコミ情報

クチコミを投稿する

桃太郎

<<  <  1  2  3  >  >>

Caito

女性 40代

★★★★☆

投稿日 : 2013年06月19日 

吉備津彦神社を散策したあとは総社の鬼ノ城を散策する。

イーポン

男性 50代

★★★★☆

投稿日 : 2013年06月19日 

桃太郎トマトは絶品です

がっさん

女性 50代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月19日 訪問日 : 2013年04月28日

駅前の銅像は一押し

にーね

女性 50代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月19日 

吉備津神社・・・スケールの大きい本殿はもとより、400mもある長い回廊、御釜殿は県外からお越しの方にはきっと興味深く見ていただけると思います。 後楽園・・・自慢できる迫力の庭園です。

みー

女性 60代~

★★★★☆

投稿日 : 2013年06月19日 

桃がおいしい

しの

女性 30代

★★★★☆

投稿日 : 2013年06月19日 訪問日 : 2013年06月02日

桃太郎トマトは有名

ちょうくん

男性 50代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月19日 

うらじゃ踊りは好評。

はるみにー

女性 20代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月19日 

黍団子はいつもおみやげにもっていく

gogo5050

女性 40代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月19日 

白桃を食べてもらいたい

ぽい

女性 40代

★★★★☆

投稿日 : 2013年06月19日 

うらじゃ祭りは毎年、多くの踊り手が出て、とても賑やかなお祭りなので来て観ていただきたいと思います。

桃娘

女性 40代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月19日 訪問日 : 2013年08月00日

うらじゃは、年々派手に盛り上がってきているし。見応えがあるから。見てほしいと思う。

しょうじ

男性 40代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月19日 訪問日 : 2013年05月03日

岡山駅前の桃太郎の銅像が一番でしょう。

アペティートイエロー

女性 40代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月19日 

鬼ノ城=東京から転勤してきてすぐに前任者から勧められて行った場所 吉備津神社、吉備津彦神社等とストーリーのある名所めぐりができる

桃太

女性 30代

★★★★☆

投稿日 : 2013年06月18日 

駅前の桃太郎に、私が引っ越ししてきてはじめて見たとき、岡山だなー、と思ったので見てほしい

silyuu

男性 30代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月18日 訪問日 : 2013年07月00日

やっぱりきびだんご!!などお菓子類は食べてほしい。

コロちゃん

女性 60代~

★★★★★

投稿日 : 2013年06月18日 訪問日 : 2013年05月29日

駅前の桃太郎さんが一番です。

さーぽ

女性 20代

★★★★☆

投稿日 : 2013年06月18日 

温羅伝承の話を交えて、それに関する名所を、まわってほしい

櫻子

女性 40代

★★★★☆

投稿日 : 2013年06月18日 訪問日 : 2013年08月00日

なんといっても広めたい岡山の祭り うらじゃ!!

ゆう

男性 20代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月18日 

やっぱり黍団子を押していきたい!

あっくん

男性 20代

★★★★★

投稿日 : 2013年02月14日 訪問日 : 2013年02月11日

岡山駅周辺をアート像でめぐる「桃太郎伝説」

全国的に有名な岡山駅東口の桃太郎オールスターズである
(写真を撮影すると追加でハトもしばしば参加してますが)
作品名「桃太郎像」(岡本錦朋 作)を皮切りに、

蛭田二郎(ひるたじろう)作の桃太郎大通り「桃太郎シリーズ」彫刻群(20点ほどあるそうですが)
を見てまわると嬉しくなります。
色々な表情で、幼少期の桃太郎・さる・きじ・犬が、駅前町、野田屋町、蕃山町、本町、平和町 に
位置しています。金棒のランカンもおしゃれです。

変わり種では、岡山市 石井 代々木ゼミナール岡山前にある
流政之 作の 桃をモチーフとした作品で、作品名も岡山弁で「DEAREI MOMO」とも出会えます。

最後は、桃太郎の宿敵である鬼ですが、
岡山駅に戻り、(岡山市北区駅元町)
西口駅前『吉備の冠者』の銅像を是非見てください。ヒーローなのかアンチ・ヒーローなのか
かは、別として、”温羅”をイメージした迫力ある作品に出会えます。

買い物をしながら、ゆっくり散策しても3時間もあれば、見てまわれると思います。 
当日は、確認できなかったのですが、「鬼の子」と言う作品が桃太郎大通り周辺に
あるそうです。次の機会に楽しみに取っておくことにします。

<<  <  1  2  3  >  >>