お知らせ

2014/06/03吉備路ガイドブック「おかやま桃太郎ものがたり 吉備津彦と温羅」

阿村礼子・作
夏目尚吾・絵

はるか昔、まだ岡山平野が吉備の児島に囲まれた「吉備の穴海」と呼ばれる内海だった頃…。
岡山の地には、畿内や出雲と並んで、当時一大勢力を誇った吉備国が存在したといわれています。
かつて吉備国の中心地だったと考えられている吉備路は、「桃太郎伝説」発祥の地であり、現在でも「桃太郎」にまつわる地名や旧跡が数多く残されています。
さあ、悠久の時を経て語り継がれてきた物語とともに、吉備路を巡っていきましょう。

この物語は、「浅野温子 よみ語り『吉備津彦と温羅~吉備の国を造った運命の二人~』(原作・阿村礼子)」をあらたに脚色した作品です。

デジタルブック
PDF

お知らせ一覧へ