観光スポット

歴史・文化吉備津神社

吉備津神社の御祭神・大吉備津彦大神は四道将軍として山陽道に派遣され、温羅という悪者を平定し、吉備国に平和と秩序を築きました。吉備国の総鎮守で、県内では最も古く大きな神社です。
創建について詳しいことは分かっていませんが、社伝によれば仁徳天皇がこの地に行幸された時に御創建になったもので、延喜式では名神大社。やがて一品の神階を授けられました。三備(備前・備中・備後)の一宮として全国の人々から深く信仰されています。現在の吉備津神社の本殿及び拝殿は1425年(応永32年)に室町幕府三代将軍・足利義満が、天皇の命により再建されたものです。約30数年の歳月をかけて完成しました。室町時代初期の代表的建造物で『比翼入母屋造り』と言いますが、全国唯一の造りとして『吉備津造り』と呼ばれ、国宝に指定されています。
また、御本殿から南の本宮社をつなぐ約400m続く廻廊(県指定文化財)や随神をお祀りする南・北随神門や御竈殿、木造獅子・狛犬は国の重要文化財に指定されています。
御竈殿には、御祭神により退治された鬼の首が埋められているという伝説があり、現在でも鳴釜神事が執り行われています。御釜の鳴り具合によって吉凶禍福を占うという神事であり、その霊験は少なくとも室町時代には天下に有名であり、江戸期の怪奇小説『雨月物語』にも登場します。

住所岡山市北区吉備津931
電話番号086-287-4111
営業時間5:00~18:00開門、受付・授与所は8:30~16:00
休日無し
駐車場有り(270台 バス4台)
アクセスJR桃太郎線「吉備津駅」下車徒歩10分
ホームページhttp://kibitujinja.com/
ガイド

クチコミ情報

ゆりな

女性 20代

★★★★☆

投稿日 : 2018年12月25日 

吉備津神社にある、桃の形のお守りが可愛い!

さく

女性 30代

★★★★☆

投稿日 : 2018年12月25日 

桃太郎伝説にゆかりのある吉備津神社の「鳴釜神事」。退治された鬼「温羅」の首にまつわる釜を炊く音で吉凶を占う神事。心を鎮めて音に耳を傾ける空間はまさに神秘的!

ひろ

男性 60代~

★★★★★

投稿日 : 2018年10月03日 

桃太郎の物語のもとになったといわれている、吉備津彦命による温羅退治の伝承が残る吉備津神社。ぜひ一度訪れてみてほしい。

元祖

男性 60代~

★★★★★

投稿日 : 2018年03月01日 

何といっても国宝に指定されている吉備津神社はぜひ見てほしい。立派な本殿に目を奪われます。

そろり

男性 40代

★★★★★

投稿日 : 2017年09月13日 

県外の人を案内するなら吉備路。桃太郎ゆかりの吉備津神社や吉備津彦神社など。JRの路線も「桃太郎線」と名前が変わりました。

ディースーツ

男性 50代

★★★★★

投稿日 : 2017年03月06日 訪問日 : 2016年04月01日

桃太郎のモデルともいわれる吉備津彦命をまつった吉備津神社は、長い長い回廊が有名な古式ゆかしい神社です。桜の季節に訪れましたがとてもきれいでした。

ポッポ

女性 60代~

★★★★☆

投稿日 : 2015年10月30日 

吉備津神社の紅葉がおすすめ。寺の裏手にある山が秋になると紅葉して本当にキレイ!!

みゅのん

女性 30代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月20日 訪問日 : 2011年00月00日

桃太郎伝説の残る吉備津神社。パワースポットとしても有名。 あと、折々に咲く花が美しい神社なので、もっと注目されても良いのではと思う。

にーね

女性 50代

★★★★★

投稿日 : 2013年06月19日 

吉備津神社・・・スケールの大きい本殿はもとより、400mもある長い回廊、御釜殿は県外からお越しの方にはきっと興味深く見ていただけると思います。 後楽園・・・自慢できる迫力の庭園です。