宇喜多直家と秀家 戦国の世を駆け抜けた宇喜多家

相関図

宇喜多家ゆかりの城下町スポット

写真1 写真2 写真3
岡山神社
直家が社領を寄進し、秀家が本殿を造営した、岡山城の守護神。
太閤の腰掛石
豊臣(羽柴)秀吉が、高松城攻略のために石山城入りしたときに腰かけたと伝えられる。
京橋
旭川にかけられた城下町の東西をつなぐ橋。宇喜多秀家の時代に架設された。

宇喜多家関連リンク

本ページの内容は一定の調査に基づいて制作していますが、歴史認識には様々な捉え方がある旨ご了承ください。